京都市役所の採用情報をチェックしてから試験申し込み

就職先として京都市役所の一般事務を希望

不況不景気と言われている時代に、やはり公務員というのは無敵というイメージもありましたし、親を安心させたいという思いもあり、大学に入ったころから公務員になりたいなという気持ちが出てきていました。
一攫千金を狙えるようなことも無ければ、ノルマがあって競ったり、それが給料に反映されるという刺激的なことは無いかもしれませんが、この時代は安定をとるというのも手段の一つかなという感じです。
そこで京都在住の私は、京都市役所の採用情報を見てみました。
上級1と上級2という区分があり、あとは職種も大まかに分かれています。
体力には自信がないですし、土木というのは違いますので私が希望するのは一般事務というところになります。

また大学院まではいかず、特に資格もないのでやはり一般事務の行政部門を希望する事にしました。
資格があれば福祉系の方に進んだり、また心理学を学んでいる学校であれば心理士という募集もありました。
薬剤師や保健師や消防士なども人気が有るようで、倍率は少し高めのようです。
私が希望する京都市役所では事務職で100名程度の求人がありました。
100人で倍率は一体どれぐらいなのかという不安や着もも出てきましたが、大学に入った時から対策を一応しっかりと始めていたので一般教養の紙面での試験に関しては少し自信があります。

就職先として京都市役所の一般事務を希望 : 公務員を目指して試験対策を行う : 公務員試験に受かった人の体験談も参考になった